映画の話で、前回、個人的ランキング5位から1位の話をするよ、と言ってましたが、今回は1作品だけの話をします。

 

前回でもちょっと触れましたけど「劇場版アイカツスターズ」の話します。

 

というのも、今TV版がすごい穏やかじゃないことになってる!っていうのがある。
正直、これからどうするのよ、この劇場版をどうしたいのよ、って思いがすごいある。

 

あるからこそ、これからのアイカツスターズを迎え撃つ前に、劇場版単品での話をしたい。

今だからこそ言えますけど、最初は同時上映のアイカツ映画で「久々にいちごちゃんやあかりちゃんに会えるー。うれしいー」と思うのが先立ち、スターズ映画は言うてそんな期待度が高いわけではなかった。
でも、ふたを開けてみたら、ものすごいよかったわけですよ。
期待していなかった分、尚更というか。

 

で、もう各所で色々と触れられている、ゆめとローラの関係については、今更言うほどではないので、ここでメインで語るつもりはありません。
ただ劇場版アイカツスターズを見てから、自分の画像フォルダにはゆめロラ画像がめちゃくちゃ増えた、ってことで色々と察してもらいたい。

 

じゃあ、主に何を語るかっていうと、脚本と演出面をひたすら自分の拙い視点で語りたいわけです。
で、完全に褒めちぎる話じゃない。物申したい!って部分も話す。
だから、この映画が大好きな人から「てめぇ、この野郎!」って殴られる可能性もあるなーって思ってます。

 

でも! そう言いたくなるほど、自分はこの映画、大好きなんですよ!ってことで語りまくりたいです。

 

前置きはここまで!
こっからはネタバレ込みで、語ります。

 

話す前に、あれですが、まだ三回しか見てません、すみません(?)

で、このblog書いてたら、もう一回くらい見たくなりました……

 

とまぁ、話を開始するわけですけど、まずこの映画、尺の都合もあるかもしれないけど、テンポがひたすらいいです。
それでいて十分なほどワンシーンごとの密度が濃いから、二回目見た時、色んなシーンで「あれ? こんな短かったっけ?」って思えるんです。退屈になるような無駄なシーンって皆無っていいんじゃないですかね? そう思えるほどです。


無駄になってないシーンの話からしますと、例えば、話の本筋に絡んでこないあこちゃんと小春ちゃんの冒険シーン。
あれもねー、細かい見せ方がいちいちいいですね。気づける人なら気づけるけど、あの地図。もう日本語、英語、韓国語って、色々と文字が書いてあるだけで「あれ?」って思う。で、ご丁寧にたどり着く場所でも同じようにできて、「あぁ、やっぱりそうなのね」っていうオチがついてくるんです。
そこに気づけなくても、アニメ本編じゃそこまで絡んでなかった二人が、こう仲良くしているっていうのを見るだけでも十分楽しい。
あとこの寸劇がやっている一方で、本筋は暗い雰囲気なんですよ。それがいい感じに緩和されてるから、見ている子供たちを不安和らげる効果もあるわけで、上手いなぁと思います。ないがしろにされているキャラがいないっていう意味でもね。


で、この一見、なんら成果がでなかった寸劇が、後半とある台詞で意味あるものへと変化させるんですよ。あこちゃんが言う「わけあって、この島の地理には詳しいんですの」っていう台詞。ここで「こう繋げるのね、なるほど!」ってなる。
あと二人のやり取りでさ。冒険した後に「オーディションの勝つ鍵となるのはドレスメイク」って言ってるのって、その後、ゆめロラが、いくら相性よくっても準備不足でオーディションに勝つっていう展開に対して、理由つけにもなってますよね。あえて本筋にいるキャラに語らせずにいるところもいいなぁって思います。


他にも色々なところのシーンに意味がある、っていう話をするならば、ゆめが迷子になるシーンね。
色んなところを見て回って迷ったーってなるんだけど、自分このシーン大好きなんですよ。というのも、このアイカツアイランドっていう巨大なリゾート施設ですよ、っていう言葉による説明があっても、そこまで具体的に説明はできていないと思うんです。
でも、ゆめが迷子になって色んなところを見ているシーンがさ、いちいち「あぁ、南国のリゾート施設っぽい」ところばっかで、行ってみたいなーって思えるようなところばっかなんですよ。
迷って見せるっていうベタだけど、視覚的にしっかりと説明されるのはすごくいいです。だから、その後出てくる、ホテルの遠くからの絵だったり、ゆめを探すために手分けして探すけど見つからないってほど、広い場所なんだっていうことにも納得できてると思います。


他にも色々とあるんですけど、総じて言えることとして、話を進める以上に必要な理由づけってのが、結構隅々までしっかりできている。それがもう劇場版アイカツスターズの脚本がよくできてるなぁって思ってしかたない点だと思います。


だからこそなー……ほんとなー……って言いたくなる点があるんですが、それは後ほど話します。


で、この丁寧に作られている脚本を、よりよくしているのは演出面ですよね。
場面場面ごとの使い方による視覚的演出から、音楽による聴覚的な演出まで、とにかく盛り上げてくれる。

まずやっぱりいい演出が、ゆめとローラの喧嘩のシーンですよね。
周りがお祭りで、すっごい明るく楽しいっていう空間の中で、二人がいる場所だけ光が当ててない、っていう演出。
このちょい前くらいに、学園長から喧嘩のきっかけとなる話をローラが聴いて色々と思い悩んでるんだけどさ。あの不穏な空気の後に、各組ごとの催し物をS4中心で見せてるあれね。あれでアイカツアイランドで各組の特長生かした催し物見せて、このイベントちょー楽しそうってなる効果。プラス、直前のローラの不穏な空気のまま話を進めるんじゃなくて、軽くアゲに転じさせて気持ちを和らげている効果。プラス、その後の周りは本当に楽しそうで幸せそうな空間なのに、二人で喧嘩してしまうという徹底的サゲを加速させてる効果、っていう本当に絶妙なタイミングですよね。
そして、本来だったらイヤホンの半分こなんて、イチャコラポイント高いシチュなんですよ。その直前のネックレスプレゼントだって、イチャコラポイント高いですよ。でも、その直前のことと、それによるローラの浮かない顔、そしてあえて暗い場所でやることで、もう不安な気持ちが煽られる煽られる。で、とうとうその不安が的中して、喧嘩へと発展したところで、雨が降り始める! 取っ組みあってネックレスが壊れる!そして二人は離れ離れになる! って……ここは本当に、サゲてちょっとアゲてから徹底的にサゲてる部分だと思います。


で、この徹底的なサゲが当然のように、後半の仲直り……いや告白?のシーンで、爆発的なアゲを生むんですよね。
もちろん一回サゲた後も、ちょいちょい二人が互いのことを思い出すことで、そのサゲをよい位置に置いておいてくれてる、ってあるんですけど。


ここらへんと告白のシーンは、色んなところで語られてるので、割愛します。
今更自分が語らんでもいいでしょう!

ただ言えるのは、キスするかと思った理由は、その前にほっぺちゅーのシーンが二回もあったからだよ!っていうのは声を大にして言いたい。まんまとハメられた感がする……

 

まぁ、それで仲直りするじゃん。あの告白のシーンで否が応でも気持ちがアガってるでしょ。
そこからはじまるんですよ、圧巻のS4ライブが!


何がいいって一旦、静寂によってアガりまくってる気持ちを落ち着かせる。
ただ一度、点いた火は消えるわけないでしょ。その火を刺激するかのように、始まるステージ。
これが視覚的にも聴覚的にも最高なんですよ。特に各々がらしいパフォーマンスをして、中央へと集まっていくんだけど、その時、音がさ、どんどん重なっていくわけじゃん。こんなのアガらないわけないじゃん、と。
そして最後のほうで入る気持ちのいいキックね! 声を出していいんだったら、叫んでますよってくらいテンションがアガるにアガる。
そして、アガりきったところで、最高に体や頭を揺らしたくなるダブステップのepisode soloですよ、たまんねー!
二回目見た時、自分と家族一組くらいしかいなかったし、相当距離離れて、かつ後ろ側にいたので、めちゃくちゃ頭と体を揺らしてました(


で、ここまでベタ褒めしておいて、だからこそ、だからこそのツッコミをしていくんですけど……
少し前にね「無駄なシーンがあまりない」っていうのと「脚本がとても丁寧」という話をしたんですが、この二点をね、完璧だって言えなくなるツッコミが、自分の中にありましてね。


まず「脚本がとても丁寧」の方からなんですけど、オーディションの時間が昼からだ、と。
もう大抵の人が気づいてて、それが野暮だとつっこむ人が少ないんだろうけど、完全にゆめとローラ、仲直りした後間に合ってないでしょ! めっちゃ夕暮れの中だったじゃん、あれで間に合ったの、時間どうなってるの!?っていうね。
で、これをあまりつっこまないっていうか、つっこまれない一番の理由は、そのゆめとローラの仲直りのシーンが、音楽共々ひたすらアゲに徹する演出づくしかつ、あのおでこチューで最高の濃厚さを醸し出しているから、ってことなんだと思う。
で、元も子もないことを言うと、なんであそこのシーンが夕暮れなのか、っていったら、そりゃぁもう、視覚的にめちゃくちゃ綺麗だからですよね。絵になるから、っていう。
だから、これは突っ込むだけ野暮だな、と思いながら、ここに書いてるわけです。


ただそれを抜きにしても、オーデションの申し込み、受付を当日昼にやってるのに、前日S4が「明日のオーディションの組確認しておいてね」ってエントリーされてる一覧名簿みたいの見てるのは、「あれ? それと受付の関係は?」ってなるわけで。もちろんそんなことすると、ひめ先輩が「あれ?ゆめちゃんがいない・・・」って危惧しても、「いや、次の日にはエントリーしてますから大丈夫ですよ」っていう、折角の危惧がなー、ちょっと弱くなるのが勿体ないと思いました。


そして、「無駄なシーンがあまりない」って話なんですが、あんなに映画内で出てきた要素を映画内で消化しているのに、唯一と言っていいほど、消化できない要素。
「グリッター」ね。
あれ「いつもと違う」ってご丁寧に皆で言ったのに、あれあの後一切使われなかったでしょ。
しかも、この映画って割とアイカツスターズ初心者さんでも安心に見れるよっていう風に、本編の説明もほどよく入れてるのに、これだけ何の説明もなければ、何にも使われないっていうね。
あこちゃんの吹き出し?が猫の形でかわいかったってのはあるけど、正直、いらなかったよなぁっと思って仕方ないです。

 

と、苦言を呈しましたが、全体的に脚本、演出面が素晴らしいのは間違いない映画です。
ベタな演出、ストレートな演出がとことんいい味だしてますよね。
アンナ先生の「法令遵守、安全運転ってかっ飛ばすぜ!」からの、あからさまな危険な運転とか、分かっちゃいるけど笑っちゃいました。
そして皆がいう、ゆめとローラの友情?物語、最高です。


ぜひ、今のうちに映画館で見ることをオススメします!
そして、本編のこれからに「ええええええ」と頭を抱えるがいいさー!

Comment