■映画見るようになった話

去年の秋前までは一年に2、3回でも映画館で映画見たら多い方という人間が、
意外と安く観れることと面白い作品が毎月生まれているということを知ったため、
今年入ってすでに39本も見てるというほど、映画にハマった。

 

すっかり「映画のことを語りたくて面倒なおじさん」になったのに、
Twitterで散々映画の話をしたいしたいって言って何もしてこなかったけど、
夏コミ原稿も一段落したし、いい機会だから色々と書きまとめておく。

 

取り扱うのは「今年(2016年)に喜一が見た映画」です。
だから、公開日の都合で去年公開の映画とかありますが、そこは言及しないで。

コミケ告知です。
更新が少ないのは今に始まったわけじゃないので、ここでの言及は割愛します!

もう三日後に迫ってますが、
コミックマーケット90にサークルで参加いたします。

 

1日目(8/12(金)) f-46a 
「RIGHT+LIGHT」

 

TwitterやPixivでは既に告知してますが、頒布物はこちらです。

 

競争であかりに負けたいちごは考える。
「星宮いちごにとって、大空あかりとはどういう存在なのか」
そして、すべての始まりが、あの夏祭りから始まっていることに
気づいたいちごは、あかりにとある提案をする。

 

 


Medley
新刊/小説/文庫サイズ/200P/1000円

 

サンプルとかこちら

 

 

 

となります。

アイカツ本もこれで5冊目となりました。


よろしくお願いします。



「普段使いできるアイカツ!のブックカバーが欲しい」

これが自分の最初の要望でした。
ご無沙汰してます、喜一です。
コミックマーケット89で頒布予定のアイカツ!ブックカバー
「Soleil in Midnight」の紹介記事となります。



デザイン担当は「mono-lib」の黒居四季さん
イラスト担当は「sarutonari」のぐすくさん
二人の協力があり、上記の要望を叶えた素晴らしいものができました。

アイカツ!を代表するユニット「Soleil」をモチーフに、
デザイナーより「太陽」に相反する「夜」を合わせたコンセプトが生まれ、
この形となりました。

「Soleil in Midngiht」

夜の太陽たちと共に、街へ読書しに出かけたくなる、そんな一品です。





※おまけで、本ブックカバーに使用されたイラストのポストカードもつきます



ブックカバー「Soleil in Midngiht」

頒布日 /コミックマーケット89 1日目(12/29(火))
頒布場所/東テ-31b 「RIGHT+LIGHT」 
頒布価格/¥800

よろしくお願いします。